ウォシュレットのリフォームをトイレリフォームと同時にする

ウォシュレット 水漏れによってトイレリフォームが必要になった場合には、まずはウォシュレットの構造を確認してみることが必要です。ウォシュレットがトイレの便器とは別構造である場合には本体のみを交換すればいいのですが、そうでない場合にはトイレの交換が必要になります。

■ウォシュレットの設置工事を自分で行う

ウォシュレットは一般の洋式トイレに後から設置することができます。比較的簡単な設置工事で快適にウォシュレットが使えるようになるので便利です。このような設置形態のウォシュレットが故障した場合には、新しいものを購入して交換するだけですので、便座の交換のみであれば自分でも行うことができます。


■工事依頼の必要性

便器と便座がつながっている一体型のウォシュレットが故障してしまった場合には、便器自体を交換することが必要になります。適切な方法で交換を行うためには、専門の業者にトイレリフォームの修理を依頼することになります。新しいタイプの便器に交換をする場合には、最新式の機能を持った便器を選択すると快適にトイレを使うことが出来るようになるのでお勧めです。


■まとめ
ウォシュレットが故障してしまった場合には、トイレの構造を確認してみて、構造に合わせた修理をすることが必要です。便座の交換ができる場合は、便座のみを購入するだけで済むため安価に修理できます。便器ごと交換を考える場合、便器の周囲の床材なども含めたトイレリフォームが必要となる場合もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ