トイレリフォームで床の交換

トイレリフォームをする場合には、床下にあるトイレの配管の交換が必要になる場合もあります。長年使用したトイレのリフォームを行なう際には、トイレのイメージに合わせて床のデザインもアレンジしてみてもいいでしょう。

■床の交換も必要

トイレの配管は床下にありますので、リフォームの場合には床の工事も必要になります。リフォームをする場合にはトイレの便器を交換することもありますので、新しい便器の雰囲気に合わせて、床のリフォームをしてみてもいいでしょう。汚れが付きにくい材質のものにすると清潔にトイレを使うことができます。



■家族構成に合わせて

トイレのリフォームは10年ごとに行われるのが一般的ですが、その間にその家に住む方の年齢や家族構成に変化が現れることも考えられます。高齢者が多い場合には、床をバリアフリーにしたり、床暖を導入したりするのもいいでしょう。トイレはすべての人が使うものですので、快適に使うためにはどのようにリフォームするのが良いのかを業者さんと相談してみることが肝要です。



■まとめ
トイレリフォームをする場合にはトイレの床の工事を合わせてするケースが考えられます。トイレの便器を新しくするのにあわせて、快適にトイレを使うことを可能にしてくれる床にモデルチェンジしてみてもいいでしょう。どのようにモデルチェンジをすれば快適であるかをまずは考えてみて、自分のイメージを業者に伝えてアレンジ方法を相談することが肝要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ