トイレリフォームで排水管の交換

トイレリフォームをする場合便器だけでなく排水管の交換が必要になります。排水管の交換は非常に難しいものですので、プロの業者に工事を依頼することが必要です。

■排水管の劣化

トイレの劣化の原因の大部分は、トイレの排水管の劣化であると考えることができます。ところがトイレのパイプは床下にあることがほとんどですので、簡単に工事をすることが出来ませんので、業者への依頼が必要になります。できるだけ短期間で工事を完了させてくれる業者を選ぶようにすることがお勧めです。工事の依頼をする前にどのくらいの期間で工事が完了するのかを確認しておくようにするといいでしょう。

■排水管を詰まらせないようにする

トイレを長期間つかっているとだんだんとパイプが詰まりやすくなってしまいます。100均などで売られているつまり解消の道具を使ってパイプの詰まりをこまめに解消するようにするとパイプの劣化を防ぐことができるようになります。しかしながら、パイプの詰まりを気にしながらトイレを使うのは気苦労が多い部分もありますので、古くなったトイレは完全に使えなくなる前に新しいものにリフォームするようにすることも必要です。

■まとめ
トイレリフォームは便器や床材の交換だけでなく、排水管の交換が含まれる事例も多くあります。排水管の交換をする際にトイレの利便性を上げることを考えて新しい便器への交換を検討してみてもいいでしょう。日ごろからトイレの排水管を詰まらせなようにする努力も必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ